行き当たりばったり的(?)に思いや言葉を紡いでゆきます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ちょっと思うところ有り、で先日住んでいる土地の一宮さんにご挨拶(?)に
行ってきました。

その神社では毎年大きなお祭りがあって、多くの人が参拝するんですが、
私はそのお祭り自体には行った事が無くて、普通の参拝すらも今回で3回目
ぐらいかな?

まぁ今時分、家がそこの氏子さんでもない限りは、夏祭りや初詣以外にはあんまり
参拝する習慣が無いんじゃないかな?と(勝手に)思ってるんですが、
何でそんな私が急に参拝なのかと言うと…。

ざっくりいうと足元を見つめなおしてみよう、と。

世の中では政治への不信、不満、経済状態の悪化から先行きが見通せない事などで募る不安や焦り。
その上震災での被災の上に原発の収束がいつになるかわからない事など
私たちを取り巻く環境はなかなか大変なものがあります。


「何を信じていいのかわからない。」
そんな状況に陥ってしまっている人も多いのではないでしょうか?


私もこのブログ上で書かせて貰った事もありますが、
こんな時こそしっかりと自分の頭で考えて行動するのが大切なんじゃないか、と。

与えられた情報を鵜呑みにするのではなくて、検証、確認すること。
(これは私自身、もっともっとしっかりやらないといけないのですが…。)

なるだけ先入観を持たずに素直に感じることをやってみる。

依存心が強くて自分から動かないわりに自分に都合よく立ち回ってくれないと
相手を責めたり、権利ばかりを主張する…なんて考えから脱却する。

考え出したらとりとめもなく延々続きそうですが(笑)。


時代によって変わってしまうような当てにならない常識や時の権力に
頼るのではなく、一人一人が自立して考え、自分自身の足元をみつめること、
そして今の自分にいったい何ができるのかを考え行動する。
それこそが今、大切な事なんじゃないか、と思うに至ったわけです。

自分の足元を見つめる…その過程のなかで、人に対する優しさも生まれるだろうし、
自分自身の良いところに気づく事もできるだろうし、
自分を育んでくれた土地に対する想いもまた再認識できるんじゃないかな、と。
それは人の営みの原点と言うか、今の自分たちが忘れてしまっていて
それでいてもっとも大切な事のひとつなのではないか!?
とか思います。

そこで、冒頭の一宮さんへのご挨拶なんですねぇ。

私って、縁があって自分が生まれ育った土地をよく知らないんですよね、よく考えてみると。
歴史的な人物も何人も輩出されたような土地にありながら、この無関心さ(猛爆)!!


ちょっとだけ反省…。

私の心の眼に映る景色は変わるのかな?
スポンサーサイト
2011.05.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://lryowko.blog.fc2.com/tb.php/9-c9fb9c21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。