行き当たりばったり的(?)に思いや言葉を紡いでゆきます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近の中で一番びっくりしたこと…。

ほぼ毎週見ている「たかじんのそこまで言って委員会」に、
本日なんとあの元オウムの上祐史浩氏がゲスト出演されていました。

最後の逃走犯、高橋克也容疑者が逮捕されたのを受けて、という事が
あっての事なのでしょうが、正直、ほんまにびっくりです! (゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ
思わず「何喋るんやろ~!?」とさけんでいました(苦笑)。

地下鉄サリン事件が起き、教団の上九一色村の施設が強制捜査を受けた
あの当時、私は多感な?高校生でした。

TVでは毎日オウム関連のニュースが報道されていて、その番組を追いかけて
釘付けになって見ていたのを覚えています。

また、彼らもマスコミをよく利用していましたよね。
上祐さんなんかは「ああ言えば上祐」なんて言われてしまうくらい、達者な
喋りをされていました。なんでもディベートをされていたらしく、広報担当
としてはうってつけだったようです。
当時サイコパスなんじゃないかとか、言われていた事も思い出しました。
そして、ファン(?)ができたりしたことも…。
それもかなり不思議でしたが…警察やマスコミから不当な弾圧を受けている
宗教人という構図に彼女達には見えていたのかも知れませんね。

高学歴の青年達がなぜあのな~んのオーラもない、小汚い感じすら受けて
しまうようなおじさん(失礼)に惹かれてしまうのか…?と、当時は
かなりギモンでした。

それについては、物質ばかりに豊かさを求める社会の風潮に対しての疑問
と、それとちょっとした虚栄心というか「自分(達)は特別な存在である」
というエリート意識を上手く利用され、修行で解脱の体験をした事が重なって
どんどん盲信するに至ったのだと言われていましたが…。


更に今日上祐さんから出た言葉は意外?にも、頻繁にマスコミに登場し、
会見してパフォーマンスしていた頃にも「地下鉄サリン事件は教団が
起こした事件であろう、と気付いてたんだ」と。
だけど教団を守らなければいけない立場にあった以上、否定し続けたのだと。
坂本弁護士殺害の件も、教祖に問いただしたところ、暗に教団がやった事だと
受け止められる発言があったけれども、教団を守っていくという約束を教祖と
したからそれ以上糾弾することは無かったのだと。

他にもいろいろなことをパネラーの人から突っ込まれて返答されていましたが、
率直に言ってやっぱり無責任なんだな、と私の目にはそう映りました。

もっと知ってる事をきちんと話して欲しいと思う気持ちでいっぱいですが、
その気持ちは実は上祐さんだけではなく、マスコミに対しても、警察に対しても
言える事だと思っています。

私は当時から村井さんが殺された背後には深い闇があるんだろうな…と感じて
いたのですが、実行犯が捕まって、裁かれた時にも、その闇についてはついぞ
触れられる事は無かったのです。
ぶっちゃけ、今日はその辺りの事が1番聞きたくて、パネラーもどこまで突っ込んで
聞くのか、興味がありました。

勝谷さんや松嶋さんが命を懸けて(?)、聞きたかった事、それについては上祐さん
も知らないと言っていましたし、刑期を終えて出てきた実行犯の男にインタビューした
松嶋さんが仰るには、男は口が固かったと言っていて、真相は闇の中です。
そこを突けない今の日本の警察や報道できないマスコミはまだまだだと感じました。

確かにオウムのやったことは許せる事ではないですが、オウムのことだけを恨んでも
なぜあんな暴走が起こったのか、なぜ未だに解明できていない部分が多いのか、
そういった真相、物事の本質を理解できないのだと思います。

なんかとっちらかった文章で、どう締めくくろうか悩むとこですが(苦笑)、
この事件をみても、私たちが真に立ち向かうべき相手というのは隠されたままで
底辺の私達がお互い牽制しあったり、憎しみあったり、傷つけあったりしている
んじゃないかと、そんな気持ちになるんですよね。
いや、むしろ実は自分の虚栄心こそが立ち向かうべき存在でもあるわけですがね…。
スポンサーサイト
2012.06.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://lryowko.blog.fc2.com/tb.php/39-7c5be09d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。