行き当たりばったり的(?)に思いや言葉を紡いでゆきます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさんお元気でお過ごしでしょうか?
またまた更新が遅くなってしまいました。φ(..;)

こんな調子の私ですが、このタイミングで何か話さないわけには行かないな…と。

あの日から1年。
明日3月11日は東日本大震災からちょうど丸1年を迎えます。
普段と何も変わらない金曜日の午後を迎えていたはずのあの日、14時46分発生の地震を境に
私達はその生き方を、価値観を改めて問われる事となりました。

あの日私は普段通り、普通に仕事をしていました。
私の住む地域では地震による揺れは有りませんでしたから、その時間は本当に何も変わらずに
何も気付かずに過ぎていたのです。

もう少しで今週の仕事も終わりだと、少しホッとしたのもつかの間、移動中の車の中でチェック
したインターネットの情報で地震を知りました。

震度7という事にも驚きましたが、その後襲ってきた津波の映像を見て、正直本当にこれが日本
の事なのかと、実感が直ぐには沸いて来ませんでした。
その後繰り返し流れるTVの映像を見て、被災者の皆さんの味わった恐怖の一端を感じて、胸を
締め付けられる思いを抱いたのを覚えています。

それまでの日常が、当たり前だった事が、将来の夢が、一瞬にして崩れ去ったあの時の衝撃は
被災地の人は勿論、日本国中の人もそして世界中の人も忘れられないと思います。

あれから1年が経ち、遅々として進んでいない被災地域の復興と、冷温停止と言いながらも完全
に廃炉にするまで何年もの間続く福島原発の問題、震災瓦礫や除染の問題等も有り、これから
数年をかけて取り組んで行く問題で、即全てが解決します!!という類の問題ではないのはわかって
いますが、それでも動きが遅くないですか?


福島原発の問題としては、1年経ってどんどん出て来ていますね。
甲状腺被爆の深刻さ、プルトニウムの飛散を認めた事、東電や当時の政府の混乱ぶり、
炉心溶融は事故当日から予想されていた事、などなど。


プルトニウム検出

甲状腺被爆最高87ミリシーベルト

原発事故、政府混迷

炉心溶融の恐れ、震災当日に指摘

震災直後からの政府の対応などの議事録が無かったことについてやSPEEDIの情報も米軍には
開示するも日本国内向けには情報の開示はされなかった事なども報道されてますけど、ほんと
この日本と言う国は国家として機能していない様です。

残念な事です。
でも、これが今の日本の本当の姿なんです。
私たち自身が本当の姿を見ることをしなかっただけなのです。

私は政治家の人達だけが悪いわけではないと思います。
私達一人一人がどうかかわっていくのかが重要なんだと思います。

システムが悪いのならどんどん改善していけば良い。
システムは私達が幸せになるために、物事が円滑に進むように体系化されたものであるなら、
誰かの利権のために、誰かの保身のために機能不全に陥るなんて事ほど馬鹿げた事は無いと思う。


実は炉心溶融の可能性が震災当日から指摘されていた、というのはほんの一瞬ですが、当時の
原子力安全・保安院の中村審議官から記者会見での発言があったのですが、その後直ぐに降板
させられ、当時の枝野官房長官の発言に集約されるように「メルトダウンはしていません」に
なって行ったのですが、あの時それが原発周辺の人に伝わっていたなら、もっと避難しなければ
という判断をした人が多くなっていたのかも?もっと被爆の危険にさらされる人が少なかった
のかも?と思うと複雑な思いでいっぱいです。
たらればの話をしても仕方ないと批判を受けてしまいそうですが、その後の判断に大いに影響を
与えてしまったと感じています。

災害時、有事の時、誰がいつどうなるのかわからない状況で、自分を、家族を大切な人たちを
守るためにするべきこと、とるべき行動を正しく選択する事、混乱し錯綜する情報の中で
真に有益である情報、また真実を見抜く目を養わなければならないんじゃないでしょうか?

今回のことで私はそんな事を強く感じました。

そしてこれは私自身も含めなんですけど、一人一人がもっと全体のことにも関わっていかなければ、
と思います。小さな所では会社や自分の所属するコミュニティ…それから、やっぱり政治に対しても
目を光らせてないといかんなぁ…と。
回転率の悪い私ごときの頭で思いつくことなんてほんと他愛無いことだと思うので、身の程知らずって言われ
そうですが…。(>▽<;)

それでも傍観者でいるのはやめよう。
…あれ?これ、前にも書いたっけ(焦)!?
そうでなければ、誰か人任せにしていてはやっぱり物事が進んでいくスピードは遅くなると思うんです。
自分以外の誰かがやってくれる…なんて都合の良い事ないんじゃないかな?
日本の人って特に自分外し的な部分が大きい気もしますが…。


私達は1年前に受けた悲しみを忘れないで、皆で頑張って行こう。
震災と言う悲しい体験を通して、改めて見えてきた、
皆に与えられた課題だと思う今日この頃でした。

スポンサーサイト
2012.03.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://lryowko.blog.fc2.com/tb.php/32-46981c72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。