行き当たりばったり的(?)に思いや言葉を紡いでゆきます☆

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
数々の伝説を遺し、アップル社の前CEO スティーヴ ジョブズ氏が亡くなりました。
彼の遺したものはあまりに大きく、私たちの生活を一変させました。

超アナログ人間だった私もi Phoneのお蔭で随分日常が楽しく便利になったものです。
そう、彼の作るものは機械オンチでもなんとかなるドラえもんの道具なのです。

きっと世界中の人がその魅力の虜になり、愛したんじゃないでしょうか?

そんなジョブズ氏の遺したものは、物質的なことばかりではありません。
私たちの心に、魂に響く沢山の言葉も遺してくれました。





特に私が心に残っている彼の言葉は

「今日が人生最後だとしたら今日やることは本当にやりたいことだろうか。」

「あなた達は既にありのままなのです。思うままに行動しない理由はないのです。」

「無駄に誰かの人生を生きないこと。」
「最も大事なことは、あなたの心や直感に従う勇気を持つことです。」
「それら内なる声、心、直感はどういうわけか君が本当に何になりたいのか
 既に知っているのです。」


私達はありのままに生まれ、内なる声、直感に従って生きることで、本当の自分が
求める生き方ができる。

Lady GAGAさんもBorn This Wayの中で歌ってましたね。

「後悔しながら自分自身を隠したりしなくていいの
 今こそ自分自身を愛すべきなの、そしたら大丈夫だから」
「私は"正しい道"を進んでいるのよ、ベイビー
 私は"この道(宿命)"に生まれてきたのだから」

「だれでもみんなありのままに自分らしく生きていいんだ
だって、あなたは"この道(宿命)"に生まれてきたんだもの」

わたしの解釈では、スティーヴ ジョブズ氏の言葉と同様に、
自分の内なる声に従え。

誰かの物差しに自分を当て嵌めて、本当の自分を押し殺さないで、と
言っているように思えるのです。

そしてそれぞれにこうも言っています。

「ドグマに捕らわれてはいけない、それは他人の考え方と共に
 生きるということだから。」

「あてにならない宗教を信心していても、わたしは自分自身を
 絶対に失わないし、若さを大事にしているの」


つまり誰かが作った価値観に囚われて生きることは、本来の
姿ではない、と。

彼や彼女のようなクリエイターやアーティストでないと、世界を動かす
経済人でないと、一握りの成功者でないと、本当の自分の生き方ができない
わけではない。

私達はずっと勘違いしてきた。
私達はずっと長い間、見えない足枷がついていたのではないかと、
自分自身を閉じ込めてきた、私にはそう感じるんです。

私自身、魂が震えるほどの、何かに突き動かされてというほどのものを
仕事にしているのか、というと未だその境地までに至れていないのですが…。
必ず、そう思えるものを実現するって決めてます。
そう願うのではなく、そう決めたんです(笑)。

「99%」の私でも、何かを実現する為に今、ここにいるんだ。

この世界中に生きるどんな人も、どんな境遇に置かれている人も、
あなたにしかあなたの人生は生きられない。

自分自身を信じて 自分自身の内なる声を聞き
直感に従う

「Stay hungry,Stay foolish」

いろんな価値観が崩壊しているこの時期だからこそできる。

私達にもできる。
本来の姿に戻ること。

みんな潜在的にでも気付き始めてるよね!?

みんなの魂からの叫びが大きなうねりとなってこの地球上に
光が差し込んできますように。

さて、地球上での縛りが無くなった天国のジョブズ氏は次はどんなことを
するのかな?









スポンサーサイト
2011.10.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。